私がディズニーリゾートで使うカメラをソニーのフルサイズミラーレスのα7ⅲに買い換えた理由。

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

私は先日、ニコンからソニーへマウントチェンジしました。

というのもニコンではD4s(一眼レフ)を使っており、人生ではじめのミラーレス機を導入しました。

ミラーレス機は一般的には動体撮影には一眼レフと比べると不向きと言われています。今回は私がどうして動体撮影に不向きと言われるミラーレス一眼のα7ⅲにわざわざ変えたのかという話をしたいと思います。

いつかはレフ機が駆逐されてしまうと思う

これは賛否両論様々な意見があると思いますが、いつかミラーのついた一眼レフはミラーレス機にその役目を奪われてしまうのではないかなんて言われており、私もそう思う一人です。

もちろん現状のミラーレス機には欠点もあり、まだまだ一眼レフの時代が続くと思いますが、フィルムカメラがデジタルカメラに駆逐されたように、長い目で見ると一眼レフ機は一部を除き消えてしまうのではないかというのが個人的な見解です。

時代がミラーレスに移行するなら動体撮影に不向きでも、早いうちに移行しておきミラーレスの進化を味わおうと思いミラーレス機に変えました。

ニコンに留まる理由がなかった

私はSONYにマウントチェンジする前はNikonの一眼レフ機を使っていました。不満があったかと言われるとNOで、ものすごく気に入っていました。ただそれはニコンの一眼レフ機の話です。

ニコンからも昨年フルサイズミラーレスのZ6やZ7が発表されましたが、やはり初号機ということですし仕方ないのですが、個人的に残念な印象を持ちました。

それなら2世代目が出るまで待とうかとも思いましたが、私が持っていNIKKORレンズは旧型ばかりで、どうせ買い換えなくてはならないので、わざわざニコンに留まる必要もないと思いました。

そこでフルサイズミラーレスの性能がズバ抜けているSONYへマウントチェンジしました。

機械オタクだからこそ最新テクノロジーに触れたい

ミラーレスは言ってしまえば最新テクノロジーです。

私はカメラだけではなくパソコンやスマートフォンいわゆるガジェットのテクノロジーが大好きです。

今でこそスマホの進化は停滞気味ですが、ミラーレスはまるでスマートフォンの黎明期のようなこれから伸び代のある未来のテクノロジーだと思いとてもワクワクしています。ミラーレスに乗り換えた、理由はそう言ったワクワク感もあるのかのしれません。

FE200-600mm F5.6-6.3 G OSSの存在

私はニコンの前にキヤノンの一眼レフ機を使っていました。私はキヤノンからニコンになぜマウントチェンジしたこというとAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの存在でした。

私はカメラのマウントを選ぶにあたって、超望遠ズームレンズがあるということはかなり重要です。

Eマウントから今回新しいレンズ超望遠ズームレンズFE200-600mm F5.6-6.3 G OSSのが出ることになり、私の用途にぴったりなレンズが出ることにあたって買い換えました。これだけでもミラーレスに乗り換える価値が私の中ではあるのです。

【ディズニー】FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSの長期間使用レビュー

【まとめ】時代へミラーレスへ

α7ⅲを使ってみた感想は別記事まとめてあります。よろしければご一読ください。

ディズニーで使うカメラを一眼レフからミラーレス一眼に変えるメリット、デメリット

私がα7ⅲを買ったのは将来性や超望遠ズームレンズが出たことによるものです。

一眼レフのレンズと比べると安くはないですが、いいものを長く使うという投資的な考えで買ったので満足しています。

一生ものとはいきませんが、今後10年以上に渡り活躍してくれることを期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です