【神レンズ】EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを東京ディズニーランドで使ってみたレビュー

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

私は2018年年末までキヤノンユーザーでした。その時に本当に愛用していた神レンズがあります。その名は「EF70-300mm F4-5.6 IS II 」です。

ディズニーでキャラ撮りをするCanonユーザにはぜひオススメしたい一本を今回はご紹介していこうと思います。

ディズニーリゾートで活躍するオールラウンダー

このレンズは何が良いのかというと、このレンズ一本で多くのショーを撮影できるオールラウンダーといえることです。

当時はまだレンズにそこまで興味がなかったというのもありますが、このレンズ一本でディズニーリゾートのショーパレ全てを撮影できていました

スポンサーリンク

ほぼ無音で高速なオートフォーカス

このレンズのオートフォーカスはとにかく正確かつ高速でした。

被写体(ミッキー)に狙いを定めると瞬時に「スッ、スッ」とフォーカスを合わせてくれます。

描写も良い

このレンズ、安価な値段ながら本当に描写が良いんです。

ややビビットの鮮やかな色味がキャラクターを撮影するのに最適でした。

しかもお値段が安い

これだけの性能をしていながらお値段は5万ほどと非常にお安いレンズです。

一部レビュアーさんは隠れLレンズなんておしゃっていました。

それほどコスパに優れた神レンズは他のメーカーではそうそうありません。

スポンサーリンク

APS-Cにつけると480mmと超望遠ズームレンズになる

私はこのレンズをAPS-C機のEOS 7D Markⅱで使っていました。

上記の写真の撮影場所は、裏ニューヨークの撮影スポットでSSコロンビア号の一番端です。

APS-C機にこのレンズをつけると焦点距離が1.6倍されるため、300mmのレンズが、480mm相当になります。

APS機にこのレンズをつけると、裏ニューヨークから甲板の上にいるキャラの写真をこのくらい大きく写すことができます。

【デメリット】防水防塵ではない

このレンズをここまで褒めちぎってきましたが、最後に欠点も1つお話していこうと思います。このレンズは防水防塵ではありません。

そのため夏のウォータープログラムを撮影する際はかなり注意が必要です。

上記の写真は70-300mmとは別のレンズで撮影

【まとめ】Canonユーザーには自信を持ってオススメできる

このレンズはCanonユーザーに自信を持ってオススメできるレンズです。

フルサイズに300mmという画角はやや足りないかと思いますが、APS-Cユーザーでキットレンズよりちょっといいレンズを使って見たいとなった際にはオススメの一本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です