ディズニーの撮影でキットレンズの次に買い足すべきものとは?

皆さんこんにちは管理人のしろくんです。東京ディズニーランドで最近よく見かける一眼レフ機やミラーレス一眼。その中でもダントツで多く見るのがエントリー一眼レフにキットレンズという装備です。

キットレンズとエントリークラスのボディーを使ってる人の中には、将来的に何かしら機材を買い足す人も多くいると思います。

そこで今回はキットレンズの次に買い足す物の候補を並べて、皆さんに一番あった選択肢を見つけていてただければと思います。

キャラクターグリーティング用に単焦点レンズや明るいレンズという選択肢

よく東京ディズニーランドでキットレンズの次に買い足すのは安価で安いレンズを選ばれる方がいます。

確かにシェフミッキーなどのキャラクターダイニングやフリーグリーティングで背景の人をぼかすのに便利です。

明るいレンズがオススメの人
  • 撮影被写体がフリーグリーティングやシェフミッキーなど背景をボカしたい人
  • 暗いところにも強いレンズが欲しい人

それではオススメの明るいレンズを見ていただこうと思います。

スポンサーリンク

Canonの明るい単焦点レンズ

CanonですとAPS-C専用ですが、EF-S24mm F2.8 STMというレンズがあります。フルサイズ換算で38mm相当です。

ミートミッキーで全身がギリギリ入りきる画角だと思います。(場合によっては入らないこともある可能性があります)

私も以前使用していましたが、安くて明るくてキャラクターグリーティングで使えるオススメなレンズです。

EF-S24mm F2.8 STMで撮影

Nikonの明るい単焦点レンズ

NikonですとAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDがいいと思います。

ややお値段が張りますが、フルサイズ機に将来ステップアップした時にも使えます。フルサイズ換算で30mm。これならミートミッキーで全身が入ると思います。

D750+AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDで撮影

単焦点レンズは不安、ズームレンズがいい

中には「単焦点レンズは難しい」「ズームレンズがいい」などの声もあると思います。そんな方にオススメな、安くて明るいF2.8通しのレンズがあります。

それはSIGMAの17-50mm F2.8 EX DC OS HSMというレンズです。

APS-C専用レンズですが、APS-Cに専用設計されているため、上記の単焦点より、広い範囲を写すことができミートミッキー でミッキーの全身も余裕で入ります。

ただサードパーティ製のレンズになりますので、サードパーティ製のレンズのメリットやデメリットを知った上で購入することをオススメします!

スポンサーリンク

屋内グリーティングでは必須なストロボ!

続いてはストロボについてです。CanonやNikonのエントリー向けのボディには一応フラッシュが付属されています。というのもカメラに内蔵されているフラッシュが存在します。

ですがこの内臓フラッシュを使って撮影するとあまり綺麗ではない写真が仕上がります。

そこで活躍するのが外付けフラッシュのストロボです。

ストロボを使うか使わないかだけで、写真のクオリティーが段違いになります。

ストロボがオススメな人
  • ミートミッキー やグリーティングトレイルなど屋内グリーティング施設に行く人
  • 綺麗な写真を撮りたい人

ではそのくらいストロボを使うと使わないので写真のクオリティが上がるのか、百聞は一見にしかずというので見ていただこうと思います。

RAWで明るく編集しているため、厳密な比較にはなりませんが、明らかに違います。ストロボでを使って撮影するだけで写真のクオリティがものすごく上がります。

ディズニー用のオススメストロボは、TT560ではなく、NW561

オススメのストロボについては上記記事で詳しくまとめてあります。

【まとめ】フリグリなら明るいレンズ、屋内グリならストロボ。

個人的に思うことは、フリグリなら背景をぼかせる明るいレンズ、屋内グリならストロボだと思います。

ですが大事なのはレンズなどの機材より光の扱い方だと個人的に思います。

どちらがオススメかというと、3000円で写真が化けるストロボがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です