【イツクリ】イッツクリスマスタイムのミッキー広場立ち見の混雑や写真レポート

皆さんこんにちは、Dラボ管理人のあおくんです。

イッツクリスマスタイム、今やっているイベントの中では一年で一番楽しみにしているイベントです。ミッキーの衣装もカッコよく、尚且つ演出やショーの内容、生歌という全てのシーンで最高なハーバーショーでここ数年ではダントツの傑作だと個人的には思っております。

今回はイッツクリスマスタイムの立ち見の作例でございます。

朝4時にサウスゲートアーリー列へ

この日は前日はセレブレーションホテルに宿泊しました。朝4時につきましたがたくさんの人がいて驚きました。寝袋で寝てる人が多く、キャンプ場のような感じでした。そこから開園の7時40分までTwitterをしながら時間を潰していました。

イツクリミキ広の埋まり方

イッツクリスマスタイムのこの日のミッキー広場の埋まり方は、アーリーで座り見最前から数列は埋まってしまいました。次に座り見で埋まるのが通路側で通路側が徐々に埋まっていく感じで、アーリーで通路側はほぼ埋まっていました。

一般開園になると少ない通路から埋まっていきます。通路側がいっぱいになると通路の内側が埋まっていきます。

立ち見はサイド以外はアーリーで二列目まで埋まってしまいました。

ミッキー広場立ち見に欲しいレンズ

イッツクリスマスタイムのミッキー広場立ち見に必要な望遠レンズの焦点距離は500mmは最低でも欲しいです

上記の写真はフルサイズ換算で600mmで撮影しました。それでちょうどいい感じなのでフルサイズに400mmではちょっと足りない印象です。

周りには150-600mmが多く、人によっては300mmF2.8もいました。

イツクリミキ広立ち見の前半の作例

最後に作例を載せてお別れです。

まずはミニーちゃん!

初回はミッキー広場は順光のため比較的撮影しやすい印象です。

続いてはミッキーマウス!衣装がとてもカッコよくポーズもバッチリです。

こちらも同じくミッキーマウスです。

そしてミッキーとミニーのペア目線!

後半は出演者が集合するためミッキーやミニーの全身を綺麗に写すことは難しい

後半戦になると多くのダンサーさんが集合し、盛大なフィナーレを迎えるためミッキーやミニーを被らずに写すことは難しいと思いますが、個人的にはかぶっててもいいと思います。

後半は横構図メインで撮影していました。

縦構図でもしっかり撮影しています。

ミッキーからの口パク目線をいただいてしまいました。

ありがとうございます!!!!

【まとめ】辛い地蔵の後に待っている楽しみ

やはり冬の地蔵は寒くて辛いですが、地蔵の後には楽しいショーが待っています。だからこそ東京ディズニーリゾートは楽しいうえやめられないと個人的には思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です