SONY FE 70-200mm F4 G OSSをディズニーで使ってみてのレビュー

皆さんこんにちは、Dラボ管理人のあおくんです。

私は70-200 F2.8GMを所有しておりましたが気が向いて70-200F4Gを導入してみました。今回は東京ディズニーリゾートで70-200 F4Gを使ってみてよかったこと及び悪かったことなどを交えレビューしていきたいと思います。

70-200Gはあくまで200-600Gのサブ

私の70-200Gの立ち位置としては200-600Gより広角側が必要な時に使っていました。

なぜこのレンズはメインレンズにはせず、サブレンズなのかいうとF4という明るさです。

70-200F2.8GMでしたら70-200 F2.8GMと200-600Gのどちらもがメインレンズとなっていたでしょう。

例えば70-200GMなら圧倒的な明るさというメリットがあるので多少、焦点距離が足りなくても70-200GMを使いますが、70-200Gですとそこまで明るくないF4というF値のため多少焦点距離が足りない場合でも200-600Gを使います。

あまり明るいという恩恵は感じないので200-600Gと明るさという意味で明確な差別化ができないというのが個人個人的な意見でした。

70-200GMと比べて軽いのが強み

まず70-200Gのメリットはやはり軽いことでしょう。

私が70-200 F4Gを導入したきっかけは70-200GMの重さが原因でした。

東京ディズニーリゾートでは三脚や一脚は使えずても手持ちが条件です。

ディズニーリゾートのショーは20分あり、人によっては20分間ずっと撮影していたいという人もいると思います。そういった際に軽量なこのレンズ70-200 F4は使いがってがいいレンズと言えます。

このレンズを使用してる際は撮影中特に腕が痛くなることもなく被被写体に集中して撮影することができました。

最短撮影距離に訳あり

このレンズはちょっと訳ありな部分があり、それはレンズの焦点距離によって最短撮影距離が変わってしまうということでかなり寄れません。

近所で花壇の花を大きく撮影するために望遠レンズで撮影しようとしましたがこのレンズは寄れないため花を大きく写すことができませんでした。

近くにあるものを撮影するときはかなり不便な印象を覚えました。

ボケを求めないフルサイズユーザーならF4でも十分かも

これは詳しく別記事で書きますが、F2.8とF4ではどうなのかという話ですが、私の使っている機種はフルサイズのα7Rⅲのため高感度耐性が比較的あります。

そのため多少感度を上げても気にならなりません。

またボケ量についてですが、ボケについて写真にそこまで重要視していない私はF4でもいいのかなという感想です。

【まとめ】70-200Gを手放します。

まとめとしては70-200F4Gを手放そうと思います。

このレンズを使っていて感じたことは安くて軽い以外大きなメリットを感じませんでした。そのため別に70-200GMの重さを苦痛と感じない私は特にメリットがないのかなという感想でしたので手放す決意をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です