カナル型イヤホンが嫌いな私がAirPods Proを使ってみた率直な感想

皆さんこんにちは、管理人のあおくんです。

本日は、AirPods Proのレビュー記事についてです。Appleが世に送り出すオーディオ機器はいつも総合的に考えるとクオリティーが高い製品が多く、イヤホンを買うならAppleという印象が個人的に強いです。

今回はAirPods Proについてのレビュー記事です。

AirPodsの魅力の開放型が廃止され密閉型に…

先日AirPods Proがサイレント発表がされました。たまたまAirPods Pro発表のタイミングに目覚めた私は寝ぼけながら注文し、その後に情報を集めていました。

大体は事前情報通りで、カラーバリエーション8色展開という噂もありましたが、8色展開は流石にやらないだろうと思っていたのでカラーバリエーションがないことについても想定内でした。

ただ1つ気になることがあり、AirPods Proは従来のAirPodsとは違い開放型からカナル型(密閉型)になってしまいました。開放型である点が気にいっており、開放型完全ワイヤレスイヤホンというアドバンテージがAirPodsから消えました。

スポンサーリンク

賛否両論ある旧型AirPodsの開放型

私はAirPodsの開放型であることをAirPods の強みだと思っていますが、実は世論は二分しており、耳から落ちやすいことや電車等の音漏れが原因で開放型だからAirPodsを買わないなんて人もいるようです。

そのため人によってはカナル型のAirPods Proは待望のAirPodsと言えるでしょう。

ですが私はカナル型が大っ嫌いなのです。Twitter上でもカナル型が苦手という人が多くいました。そのため注文をキャンセルしようかなとも思いましたが、最新テクノロジーに触れたいので気に食わなかったら売ろうの精神で到着を待ちました。

【レビュー】AirPods Proの音質について

AirPods Proは密閉型になったことによって音質がAirPodsと比べて向上したとの声が多数あります。

ですが私の耳にはそこまで音質に差を感じないのです。もちろん少し低音が強くはっきりしたなどの変化は感じました。ですが音質の劇的な向上は個人的に感じず、音質はまずまずといった感想です。

ただ従来型と比べ微かに細い音がしっかりと聞き取りやすくなりました。

【レビュー】AirPods Proのノイズキャンセリング機能について

AirPods Proのノイズキャンセリングは自然で違和感を感じさせない作りになっています。

自然で違和感を感じない作りというというとノイズキャンセリング機能の効きが悪いと思われる方がいると思いますが、強力なノイズキャンセリング機能+自然な聴き心地に仕上がっています。

つい先日バスで長時間移動することがあったのですが、バスのエンジン音や、乗客の声がかき消されて聴覚過敏な私には爽快な気分でした。

スポンサーリンク

密閉型になったことによる装着感は正直微妙

私がAirPods Proを買うにあたって一番危惧していたことが、やはり密閉型になったことによる装着感の気持ち悪さです。

Appleマジックを期待してAirPods Proは密閉型でも開放型に近い装着感に仕上げてくるなんて淡い妄想をしていましたが、やはり装着感については微妙です。

密閉型になったことによる耳に押し込まれている感などが時々感じ正直不快になることが時々あります。

もう一度いいます。正直不快にことが時々あります。そう時々なのです。

確かに旧型AirPodsと比べると装着感は微妙です。ですが一般的な密閉型イヤホンよりは明らかにつけている気持ち悪さはないです。

【まとめ】装着感に訳ありだが総合的には満足

この記事のメインテーマである装着感についてはやはり訳有りです。ですが、装着感を犠牲にしたことによりノイズキャンセリング機能を手にしました。

装着感とノイズキャンセリング機能をトレードオフしたので仕方ないのかなと思ったりしています。

ですが総合的には満足した完全ワイヤレスイヤホンなので今後も数年愛用していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です