Canon EOS 90Dはディズニー最強カメラだと思う理由

皆さんこんにちは、管理人のあおくんです。

2019年9月にCanonからEOS 90Dが発売されました。大手家電量販店などでEOS90Dは取り寄せ表記となっていており、非常に人気のある機種だということが伺えます。

個人的にEOS 90Dは東京ディズニーリゾートで使う最強のカメラだと思います。

ではなぜEOS 90Dは東京ディズニーリゾートで使う最強のカメラだと思うのか。今回は、EOS 90Dが舞浜最強カメラであると思う理由をこの記事では述べていきたいと思います。

3250万画素の高画素APS-C機である

EOS 90Dは3250万画素というAPS-C機では高画素であるセンサーが採用されています。これはCanonのフルサイズセンサーのEOS 6Dmark2より画素数は大きいです。ただ画素数が大きいからと言って良いものではありません。

高画素化で不安視されるのが高感度性能やダイナミックレンジの広さ。

理論的に考えれば、高画素化されれば、高感度性能やダイナミックレンジの性能は悪くなるのが一般的です。

Digital Camera Worldのレビューによると、80Dレベルの高感度耐性とのこと。

Canon NewsのテストによるとEOS80Dよりダイナミックレンジの性能はわずかに向上している模様です。

参考 Canon EOS 90D reviewDigital Camera World 参考 Preliminary Dynamic Range numbers for the 32.5MP sensor - UPDATEDCanon News

EOS 90DのセンサーサイズはAPS-Cです。APS-Cは遠くのもを写すのが得意としており、ショーパレで遠くにいるミッキーを写す際にはフルサイズよりAPS-Cが言ってる人もいます。舞浜ではAPS-Cであることは十分なメリットだと個人的に思います。

スポンサーリンク

高速連写でシャッターチャンスを逃しにくい

EOS 90Dは最高約10コマ/秒の連写が可能です。一眼レフで最高約10コマ/秒は高速連写に部類されます。

東京ディズニーリゾートの撮影で目線を逃さない為にも連写のコマ数を重視される人も多いと思われます。連写で目線を狙う人にはぴったりと言えると思います。

UHS-Ⅱに対応している

EOS 90DはUHS-Ⅱという高速SDカード規格に対応しています。

私のカメラはUHS-Ⅱに対応しておりますが、従来のSDカードを使うのと、UHS-Ⅱ対応のSDカードを使うのでは性能差があまりにも大きく、従来のSDカードはもう使いたくありません。

そんな高速SDカード規格のUHS-Ⅱに対応しているのは連写機であるEOS90Dには大きな強みだと思います。

EOS 90Dの弱点とは?

ここまでEOS 90Dをべた褒めしてきましたが、どんなカメラにも欠点は存在します。ここからはEOS 90Dの欠点を記していきたいと思います。

スポンサーリンク

【ここが弱点1】シングルスロット

EOS 90Dは残念ながらシングルスロットです。

EOS KISSなどからの買い替えの人はそこまで気にならないでしょうが、SDカードが一枚しか入らないというのは人によっては致命的なデメリットでしょう。

というのもSDカードの欠点は端子がむき出しになっており、データが飛びやすいと言われています。

ダブルスロットを採用していると、1つ目のSDカードにデータを保存しながら、もう1つのSDカードにもデータを保存することができます。

仮にどちらかのSDカードのデータが飛んでしまっても、バッグアップ形式で保存をすることによってデータを守ることができます。

それだけではなくダブルスロットには様々な機能を割り当てることができます。

プロが使うカメラにはダブルスロットは必須というのが常識で、そのダブルスロットが、搭載されていないEOS 90Dは人によっては致命的な欠点といえるでしょう。

【ここが弱点2】バッファ容量が少ない

EOS 90Dのバッファ性能は最高約10コマ/秒には似合わない性能です。

皆さんも経験があると思います。シャッターチャンスが来たのにカードに書き込み中でシャッターが切れないことが。実はそれバッファ容量が大きく関係しています。

EOS90Dは、JPEGで保存する際は、JPEGラージで約57枚

C-RAWで保存する場合は約39枚ととても少ないバッファ性能です。

例えば最高連写速度の10コマで撮影する場合、C-RAWで撮影する場合約4秒しか連写できません。これを長いか短いかで撮るのは人次第ですが、経験則でいうと、私は明らかに少ないと思います。

その為EOS 90Dではできる限りUHS-Ⅱに対応したSDカードを使うことを個人的に推奨します。

フルサイズの誘惑6D2やEOSRの存在

EOS 90Dは現在の価格でCanonのフルサイズ機、EOS 6D Mark2と大差ありません。(個人的に6D2はオススメしていないのですが…)

また、少し差額を出すとフルサイズミラーレスのEOS Rが買えます。

個人的にはEOS Rも良い選択なのではないかなと思います。

ほんのちょっとの差額でフルサイズ一眼カメラが買えることも理解しておくといいかもしれません。

【中級者向け】ディズニーリゾートでの最適な一眼レフ選びはフルサイズか、APS-Cか!?

【まとめ】もちろん欠点はあるけども、やはり舞浜最強カメラ

もちろんどんなカメラにも欠点はありますが、新品で買うなら、EOS90Dが現状のCanonの一眼レフの中でディズニーオタクに一番オススメできるものだと思います。

APS-Cセンサーで望遠に強いことや、UHS-Ⅱに対応したこと、3250万画素の高画素であることを考えると舞浜ユーザーのためのカメラなのでは?と思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です