【2万円】中華製防湿庫より東洋リビングの中古を狙え!!!

みなさんこんにちは管理人のしろくんです。

これから梅雨時期に入ることで皆さんが気にするであろうカメラの湿気対策。

今年こそ防湿庫と思っている方も多くいるのでは?今回はそんな防湿庫の選び方のお話です。

 

Amazonで売られている謎の防湿庫。

Amazonには格安の防湿庫が様々なメーカーから防湿庫が販売されていますが、基本はどれも一緒でのOEM販売だと思われます。

中には保証が付いているものもありますが、謎の業者ばかりで個人的には不安です。

スポンサーリンク

最初に選んだのはHAKUBAの防湿庫

あのレンズペンなどで有名なHAKUBAから販売されている、防湿庫を発見しました。ただ60Lで二万円代前半とやや高めな印象。

個人的には安くて大容量でしっかりしたメーカーというわがままが、理想でしたので、選択肢から外しました。

考えついたのが中古

安くて大容量でしっかりしたメーカーという理想を叶えるなら中古という選択肢を選ぶしかありませんでした。

でも一流メーカーの東洋リビングの防湿庫、中古でもいいお値段がします。

東洋リビングの防湿庫が安いサイトを発見した

私はヤフオクから楽天ありとあらゆるサイトを見つくして安く防湿庫を探し続けました。そこでみつけたのがReReというお店。(https://www.rere.jp/)

私はヤフオクで競り落とそうとしていた防湿庫がありました。そこはReReのヤフオクストアが出品していたのです。

ストアならもしかしたら自社販売サイトならヤフオクの手数料がかからない分安く買えて、即決で買えるのでは?と思い調べると東洋リビングの比較的新しい型の120Lの防湿庫が送料込みで2万円ほどで販売されていました。

スポンサーリンク

即決した私、後悔はない。

私は東洋リビング製、120Lの大容量、新しい型、安い価格と理想の防湿庫を購入することができたのです。

中古のため在庫は不定期

過去の商品を見ているとさらに安く販売されていたこともありました。個人的にはかなり穴場なサイトだと思われます。

ただ欠点は中古のため在庫の入荷が不定期なこと。

安くて大きくて一流メーカーの防湿庫を購入するためにはそれなりの根気が必要ということを思いました。それが数少ない欠点と言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です