【設定】オー!サマー・バンザイ!を綺麗に撮る方法

みなさんこんにちは、管理人のしろくんです。

オー!サマー・バンザイ!(以下、オーサマー)を撮影しました。

オーサマーは夜の暗いステージーショーですがスポットライトの光が強い為、F6.3の暗いズームレンズでも増感すれば問題なく撮影できました。

そこで今回は、オーサマーを撮影していて感じた1つのことにスポットを置いてこの記事を書いていきたいと思います。

できたらRAWで撮影しよう

オーサマーは夜のショーです。夜のショーはスポットライトの色に左右されやすく、WBオートで撮っても色味の調節が大変だと言えるでしょう。

その為RAWで撮ることを個人的にオススメします。

これは夜のショーだけではなくTDR全体の撮影に言えることだと思います。

スポンサーリンク

スポットライトの色に注目しよう

先ほども記載した通り、夜のショーはスポットライトの色にかなり左右されます。わかりやすく言うならオレンジ色の光が強い時に、写真を撮ってもオレンジ色が強くなりオレンジ色寄りの写真になってしまいます。

スポットライトの色に注目することが失敗写真を減らす第一歩だと個人的に思います。

スポットライトの色は白を狙え

オーサマーを撮影していて一番感じたことは、白色のスポットライトが光ったシーンを狙って撮影したほうがいいということです。

上記の画像は白色ではないスポットライトが当たっている写真です。

ミッキーの肌を見てもらえればわかると思いますが、ややスポットライトの色が顔に当たっていますよね。あまり好みではない色味です。

一方こちらは白いスポットライトが当たった時の写真です。ミッキーの肌の質感が自然に出ていると思います。

その為オススメは白いスポットライトが当たっている時に撮影するのがオススメです。

ミッキーミニーのシーンは白いスポットライトが多く当たる

オーサマーはミッキーとミニーがペアで歌うシーンがあります。

ミッキーとミニーがペアで歌うシーンは、比較的スポットライトの色が白が多い印象で、ミッキー推しの私としては嬉しい限りです。

またオープニングやエンディングのドナルドは白い光が満遍なく照らされる為、とても撮りやすい印象です。

スポンサーリンク

【設定】オーサマーの設定を載せます

最後にオーサマーの設定を載せますがそのまま真似をせず、あくまで目安として捉えてください。

SS1/800  F6.3  iso2500

上記の写真はトリミングはしていますが明るさはいじっていません

【まとめ】スポットライトの色に注目

結論としては写真を綺麗に撮る方法は白色のスポットライトが当たったシーンに撮影することです。

オーサマーはかなり撮影には危険なショーです。しっかり防水対策をするか、遠くから撮影するかなど意識したほうがいいと思います。

カメラの修理費は結構高いのでくれぐれもお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です