超広角レンズで撮影するディズニーパレードのドリーミングアップ!

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

広角レンズを買ったら一度やってみたかったことがあります。

それは広角レンズでパレードを撮影することです。

今回はドリーミングアップをSONYの超広角レンズのFE 12-24mm F4 G SEL1224Gで撮影しましたので写真を載せていきたいと思います。

パレードの先頭は王国ホストのミッキーマウス!

パレードの先頭は夢と魔法の王国のホストのミッキーマウスとミッキーの愛犬プルートです。

ミッキーマウスが先頭なのはドリームスオンパレードムービンオンを思い出して好きです。

話がそれましたが、大きなこのフロートの浮遊感を出すためには、広角レンズが最適と個人的には思いました。

スポンサーリンク

キュートなミニーちゃん!

この奥行きのある写真なかなかお気に入りの一枚です。

ミニーちゃんがディズニープリンセスの世界を案内してるような雰囲気の写真です。

ダンサーさんの影が美しい一枚

こちらの写真ダンサーさんの影が我々の方にまで届いていてとても美しい写真だと個人的に思います。

また逆光で撮影したことがいい感じの雰囲気が出ています。

ロマンチックな西日が強くなってきた

西日が強くなってきました。でもその西日がまたいい味を出してくれています。

残念ながらベルは反対側を向いています。

スポンサーリンク

まっすぐ一列になって進むパレード

パレードも後半戦に入ってきました。

ダンサーさんや後ろのフロートが縦一列に並んでいて美しいですよね。

パレードならではの写真だと感じます。

高さがあるベイマックスのフロートも12mmならバッチリ

ベイマックスのフロートは高さがありますが、12mmなら余裕で全体が入ります。またフロートだけではなく後ろのシンデレラ城も入っています。

広角レンズならではの写真ですね。

広角だとまるで本当に空を飛んでいるみたいなピーターパンとウェンディ

ピーターパンのフロートはあまりにも横に長くて12mmでは全体を捉えるのは難しかったです。

その為ピーターパンのフライングシーンを広角で撮影。広角だとワイヤーが見えにくく、まるで空を飛んでいるみたいでお気に入りです。

新たな視点が広がった広角レンズで撮るパレード

いつも私はキャラクターしか撮影せず、フロート全体に着目して来なかったのです。

広角レンズで撮影したことによって、新たな世界が見えました。

こうしてみると、細かい装飾までこだわっており、ドリーミングアップの良さを確認できました。

超広角レンズ、FE 12-24mm F4 G SEL1224Gで撮影するディズニーリゾート 【広角ミトミ】超広角レンズで撮影するミートミッキー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です