設定公開より役立つ!ワンマンズドリームを綺麗に撮影する方法!!

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

今年の12月をもって公演が終了するワンマンズドリーム。私は抽選の当選率が低くいつも初回公演を狙って撮影しています。残り少ない公演ですのでいつも「今回が最後の撮影になるのでは?」と思って撮影しています。

残り少ない公演を綺麗に撮るために心がけていることを今回は紹介していこうと思います。

ワンマンズドリームを撮るなら初回

私は、ワンマンズドリームを撮る時は初回公演(遅くても2回目公演)を狙って撮影しています。開演から早い時間を撮影するメリットは以下の通りです。

  • 2019年8月現在、初回公演は全席自由席であること!
  • 太陽の光の関係で明るい方が綺麗に撮れる!

やはり初回公演のメリットと言えば、全席自由席であるということではないでしょうか?

全席自由席であるということはドセンに座れる可能性が高くなるということです。抽選でDブロックドセンに座れる可能性は本当に低いですが、自由席ならドセンに座れる可能性が非常に高いです。

2019年8月現在は初回公演は全席自由席ですが、終演が近づくにつれ初回公演にも抽選が導入される可能性があるため、なるべく早く撮影しておいた方がいいでしょう。

ワンマンズドリーム傾向として暗くなれば暗くなるほど撮影難易度が上がります。

そのため綺麗な写真を撮りたい場合は、なるべく早い時間の公演を狙って撮影することをオススメします。

スポンサーリンク

天候も重要なワンマンズドリーム

ワンマンズドリームは半屋内シアターとは言えその日の天気にかなり左右されるショーです。

曇りの日や雨の日にワンマンズドリームを撮影すると全体的にモヤモヤした写真になりやすいのです。

曇りの日に撮影

また曇りの日はミッキーの顔にスポットライトの光がギラギラと当たってしまい撮影コンディションは最高とは言えません。

晴れた日にワンマンズドリームを撮影すると、顔に顔に当たるスポットライトの光が太陽光の光の強さで目立ちにくくしてくれます。

晴れた日に撮影

スポットライトの色講座

ワンマンズドリームの写真上達のコツはスポットライトの配色を覚えるて、スポットライトの色に合わせてWB補正を調節することだと思います。

スポットライトの色覚えられないよと思う人も多いと思うのでざっとミッキーの登場シーンのスポットライトの色をまとめます。(天候によって左右されるので目安として捉えてください)

オープニング(モノクロ)

モノクロシーンのオープニングはややグリーンが入っている印象ですが、そこまで強いスポットライトの色はありません

むしろ白いスポットライトがしっかりと当たっていて 撮影しやすい印象です!

スポンサーリンク

オープニング(カラー)

オープニング(カラー)はスポットライトの色がピンク寄りです。

ワンマンズドリームの撮影で一番難しいシーンだと個人的に思います。

ハリウッドシーン

ハリウッドのシーンもピンク色の光が強いです。

上記の写真のミッキーのズボンの裾を見ていただければわかるように、ピンクの光が当たっています。

フィナーレのシャイニングスター

シャイニングのシーンは比較的明るく撮影しやすい印象です。

ややピンク色のスポットライトが当たる日もありますが、晴れた日ですとそこまでスポットライトの色を考える必要はないと思います。

【おまけ】シャイニングの登場シーンは左寄りに目線がくる!?

当選した時に目線はもらえないのではないかと不安気味でしたが、私の過去の写真を見返しているとシャイニングの登場シーンはいつもやや左に目線がいっていました。

抽選の当選席がDブロックの一番左端の席だったため、そのシーンを狙って撮影したみた結果、見事に目線がきました。

ですがこればかりは運なのでなんとも言えません。

【まとめ】簡単にいうと…

この記事の内容を簡単にまとめると下記の通りです。

簡単にまとめると
  • 撮るなら初回
  • 天候は晴れの日を狙う
  • スポットライトの色に合わせてWB補正をする

この3点を抑えればワンマンズドリームは綺麗に撮影できると思います。残り少ないワンマンズドリームで素敵な思い出を作ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です