セレブレーションダイニング開催から当日までの手順

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

先日念願のセレブレーションダイニングを開催しましました。

そのため、今回はこれからセレブレーションダイニングを開く人に向けて、申込みから、当日の流れまでこの記事にまとめて行こうとおもいます。

まずはメンバー集め!

セレブレーションダイニングは最低でも6人が参加しないといけません。

6人分のお金を払っていても5人以下では開催できません。その為、まずはメンバー集めからはじまりました。

スポンサーリンク

私がメンバーを集めた方法

私がどうやって6人のメンバーを集めたかといいますとSNSのフォロワーさんに募集をかけました。

私には残念ながら友達がいません。そのため、SNSのフォロワーさんに声をかける以外に方法はありませんでした。

最終的に私を含む7人が集まりました。

参加者に設けた一つの条件

私はセレブレーションダイニングを開催するにあたって参加者に一つの条件を設けました。

結論から申しますと、遅くても入金は一ヶ月前入金を条件にしました。

ですが顔すら知らない人に一ヶ月前入金というのは参加者にしては不安だとおもいます。

そこで私がとった対策は以下の通りです。

  • ラインを交換し顔を公開した。
  • 予約情報(予約番号や氏名などが書いてある書類を公開した)
  • パークでの直接現金受け取りにも対応した。

私は自ら個人情報を晒し、逃げたくても逃げられない状況を作り、参加者の皆さんとの信頼関係を構築しました。

また、振込制に抵抗のある方もいました。そのため、パークで直接会い現金を受け取るシスタムも行いました。

【トラブル発生】お金を払えない参加者現る

私は上記の一ヶ月前入金制を導入しましたが、期限ギリギリまでお金を払わない人がいましたので連絡したところ、「別な課金グリーティングへ行ったためお金がなく当日しか払えない」ということでした。

私は当日の現金払いは絶対に認めませんでした。私がなぜ当日の支払いを認めなかったかというと、参加者の人に迷惑がかかるからです。

例えば当日、体調不良などを理由に、当日ドタキャンされる場合はゼロではありません。その場合参加費が集まらず、会の開催自体が危ぶまれます。

そのため一ヶ月前入金は絶対条件にすることをおすすめします。

結局その方はお金を用意できそうになかっため、参加メンバーから申し訳ないですが除外させていただきました。

スポンサーリンク

セレダイにいざ申し込み!

申込みは電話で申し込みます。申込時に希望の日程を言います。私は誕生日月の7月の日曜日という希望を言うと、空いている日を提示してくれました。

申込みをした時期は会開催の3ヶ月前の4月です。3ヶ月前だから空いていないのかと思いきや三連休中日の日曜日など結構空きがありました。

日程の調整と人数や会の名目などを聞かれ仮予約をします。ここで電話は終了です。

数日後、自宅に見積もり書が届く

後日見積書が届きます。そこには最低プランの見積もりが書いてあります。

見積書の内容は、セレダイ参加者の会費+ドリンク代でした。

見積書の内容を確認をしてランドホテルの宴会部に電話をかけ、本予約を完了します。

さらに数日後、詳しい内容の返送封筒入りの手紙が届く

本予約を完了すると、数日後に返送封筒用入の手紙が届きます。手紙の内容は必要事項を記入して返送するものです。細かい内容は以下の通りです。

  • 宴会名
  • 参加者年齢
  • 主賓にはサプライズでセレブレションダイニングを開催するのか?
  • ケーキーに書くメッセージの内容
  • アレルギーを持っている方はいるか?
  • アルコールをオーダーするか?
  • 有償のカメラマンサービスはつけるか?
  • 余興などを開催するか?
  • 席順はどうするか?

などのヒアリングでした。

必要事項を書類に記入し返送します。

3通目の手紙が届く!

2通目の手紙からだいぶ時間が空きセレブレーションダイニング一ヶ月前に届きました。

手紙の内容は至ってシンプル、当日の会場の見取り図と振込先の情報と振込金額が書いてある書類が入っていました。

お金を入金

トラブルもありましたが、なんとかして集めることができました。

そのお金をランドホテル宴会部に入金します。私が入金したのはセレブレーションダイニング当日の二週間前でした。

公式ホームページより

以上がセレブレーションのダイニングの準備になります。

当日は開始30分前に幹事は入場!

当日、私は新浦安市の美容室で髪をカットし眉を整えてもらいました。

パーティー開始時間の二時間前にランドホテル入りしましたが、結局会場に入れたのは、30分前です。もう少しゆっくりめに来ても大丈夫なのかと思います。

入場した瞬間キャストさんのご好意で写真の試し撮りをじゃんじゃんしてくださいとのことでした。

参加者の皆さんは15分前に入場

参加者の皆さんは15分前に入場しました。

皆さんは荷物を置き、円卓にぬいぐるみをセットしカメラの試し取りをしていました。

開始時刻ちょうどにセレダイスタート

開始時刻になると進行役の人が会を仕切り、あるおまじないの練習をします。

数回練習をすると本番、おまじないを唱えると音楽が流れミッキーがまるで魔法のように登場します!!!

ミッキーマウスの出演について

ミッキーマウスの出演時間は15分弱くらいだったと記憶しております。

まず最初に主賓の私のところにやってきます。そして私をエスコートして2ショットをとりました。

その後、参加者によるワンショ大会がはじまりました。一列に列を作りぐるぐる回っていきミッキーの写真を撮っていきました。

その後は2ショットタイム。参加者の皆さんと2ショットを撮っていきます。

2ショットの撮影は失敗をさけるために私と参加者のカメラ、二台体制で行いました。

ケーキの登場

そしてミッキーと楽しい時間を過ごしているとケーキが会場に届きます。

ケーキの前で主賓の私とミッキーの2ショットをカメラマンさんが撮ってくれました。

その後、参加者からケーキの前で2ショットを撮りたいという要望があったため、ケーキの前で再び2ショット大会。

ミッキーの退場

楽しい時間はあっという間でケーキの前で写真を全員撮り終える前に終了してしまいました、時間配分のミスと言えるでしょう。

その後ミッキーがまるで魔法のように退場します。

残りはコース料理を食べるだけ

基本的に残りはコース料理を食べるだけでした。

料理はほぼほぼ魚介系で魚介料理が苦手な人は注意が必要です。

オプションのカメラマンサービスは不要に感じた

有償でカメラマンが撮影を行ってくれるフォトキーみたいなサービスがありますが、はっきりいって不要です。

もちろんカメラマンさんの腕にもよるのですが、完成したデータを見ると、写真が見切れていたりフラッシュ直当ての残念な写真が多めな印象でした。

正直1万3千円を出して、カメラマンを頼むのなら参加者の一人に動画を回してもらったほうがいいと個人的には思いました。

主賓はワンショはほぼ撮れない

これは一番大事なことなのですが、主賓はミッキーとの触れ合う時間が多いのですが、その弊害の為、ワンショを撮る時間はとても少なく感じました。

私は二枚しか撮れませんでした。その分ミッキーを独占できたので個人的には満足です。

天井は高め!シャンデリアに注意

我々の会場はベルのお部屋でしたが、天井はやや高めです。ホライズンベイほど高くないですが、それなりの高さがあります。

またバウンスするときにシャンデリアに向かってストロボを発光するのはやめましょう

シャンデリアに向かって発光すると、シャンデリアのアクセサリーの影が写真にできてしまいます。

【まとめ】セレブレーションダイニングを開いてよかった

結論としてはセレブレーションダイニングを開いてよかったです。

やはりミッキーマウスが誕生日を祝いに駆けつけてくれるのは嬉しいです。

管理人は、また来年セレブレーションダイニングを開催しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です