カメラ好きディズニーオタクのカメラバッグの中身公開【夏編】

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

皆さんはディズニーリゾートにどんなバッグを持って行きますか?

ショルダーバッグ、ハンドバッグ、リュックなど様々です。

今回は私の使っているカメラリュックのフリップサイド500AW IIの紹介と中身の紹介をしていけばと思います。

私のカメラバッグの中身

私のカメラバッグの中身は量は多めです。

  • FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS
  • FE 70-200mm F2.8 GM OSS
  • FE 24-70mm F2.8 GM
  • FE 12-24mm F4 G 
  • α7ⅲ
  • GODOX TT600S 2灯
  • ペットボトル
  • 扇子
  • スマホスタンド
  • 日傘
  • ブロアー
  • レンズクリーナー
  • iPad Pro
  • モバイルノートパソコン

と非常に重い荷物です。この荷物を収納するとなるとかなりカメラバッグが限られてきます。

スポンサーリンク

SONY α7ⅲ

軽量コンパクトが売りなαシリーズですが、正直私の場合軽量コンパクトの恩恵は全く受けていません。

FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

私のメインレンズでお気に入りのレンズです。

確かに大きくて重いですが、比較的速いAFと良い写りのおかげでパークでは大活躍してくれます。

FE 70-200mm F2.8 GM OSS

私のサブのレンズです。広角側70mmが欲しい時に活躍してもらってる、隠れたエースです。

スポンサーリンク

FE 24-70mm F2.8 GM

私のグリーティング用のレンズです。重いですが写りはピカイチなので活躍してもらっています。

FE 12-24mm F4 G

風景で活躍しているFE 12-24mm F4 Gです。軽くてF4通しで超広角でものすごく便利です。

GODOX TT600S 2灯

ストロボは必ず2つ持ち歩いています。理由はストロボは消耗品でいつ壊れてもおかしくないからです。正直重いですが、70分待って写真が撮れないと言う自体は避けたいので我慢して持ち歩いています。

モバイルノートパソコン

モバイルノートパソコンを導入してからというものの待ち時間の進みが早く感じました。地蔵中(長時間待つこと)にブログを書いています。

iPad Pro11インチモデル

私が一番気に入っているガジェットのiPad Pro11インチモデル。Lightroomで現像する際に使っています。

小物類

夏の地蔵は暑いため命がけです。少しでも快適に過ごすため、扇子を使っています。

カメラのメンテナンス用のブロアーとレンズ拭きです。広角レンズは出目金レンズのため、この2つがないとレンズのお手入れが大変です。

電池はかなりの量を持ち歩いています。

ストロボのバッテリーが切れてもいつでも対応できるようにしています。

こちらも暑さ対策の日傘、夏のパークは本当に命がけのため、日傘がは必須です。

置ビデオ用のスマホスタンド。これをキャラクターダイニングなどへ行った際に設置してグリーティングの風景を動画に残しています。

私が使っているカメラリュック、ロープロのフリップサイド500AW II

私はロープロというメーカーのフリップサイド500AW IIというカメラリュックを使っています。

このリュックは何が良いのかというと超望遠ズームレンズや70-200F2.8という比較的大きな望遠レンズが2つも入ります。それだけではなく、広角レンズや、明るい標準レンズまで全てこのバッグに入ります。

中身が何も入っていない状態だとこんな感じです。

入るのはカメラ機材だけじゃない

こういう大張遼のバッグは基本的にレンズしか入れるスペースがいないのですが、フリップサイド500AW IIは、もう1つ荷物を入れるところがあります。

ここにはお水や日傘、扇子など日常的に使う小物がおいてあります。

私は手にものを持つのが嫌なのでこのポケットは嬉しいです。

iPadやノートパソコンの収納場所

このリュックはしっかりiPadやノートパソコンを収納できる場所がついています。

iPad Proと比較的薄いノートパソコンでしたら同時に収納可能でした。

【まとめ】いつの間にか荷物が増えていた

最初に年間パスポートを買った頃はこんなに大荷物ではありませんでした。

それがいつのまにか、日が経つにつれて大荷物となっていました。

ディズニー沼にハマるとカメラ沼に落ちるって本当なんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です