ディズニーで使うカメラを一眼レフからミラーレス一眼に変えるメリット、デメリット

みなさんこんにちは、管理人のしろくんです。

ソニーのフルサイズミラーレスのα7ⅲに乗り換えて1ヶ月半が経とうとしています。私の被写体は主にミッキーマウスです。ミッキーマウスは激しいダンスをすることもある為、ミラーレスには不向きとされています。

今回はそんなミラーレス機に乗り換えてよかったことや悪かったことを執筆し、一眼レフ機からミラーレス機に乗り換えるメリットやデメリットを記していこうと思います。

α7ⅲに買い換えた経緯やファーストインプレッションは以下の記事に書いてあります。

ディズニーリゾートでα7ⅲでショーパレ撮影してきた感じた7つのこと

私がディズニーリゾートで使うカメラをソニーのフルサイズミラーレスのα7ⅲに買い換えた理由。

【メリット1】露出や色味ががリアルタイムで確認できる!

フルサイズミラーレスに買い換えて一番良かった事が、EVFになったことにより露出や色味が瞬時に確認できるようになったことです。

私は一眼レフで撮影している際に不注意でいつの間にか絞りがF22になっており、気付かずに真っ暗なまま撮影しておりました。

F22で撮影した写真はRAWで持ち上げてもノイズだらけで残念な写真になってしまいました。

このようなミスが減らせるのもEVFのメリットだと思います。

また同じくWB(ホワイトバランス)微調整機能もより使いやすくなりました。

私の被写体のミッキーマウスはスポットライトの光が強いステージショーや屋内ショーに出演します。

スポットライトの色は様々でシーンによって一瞬で変わります。

OVF機でこのWBの微調節機能で調節しようとすると一度試写しないといけません。

ミッキーマウスの登場まで時間がない中でこのWBの微調節機能を使って適正なWBにするのが一眼レフでは大変でした。

ですがEVFは調節しながら色味を確認できます。その為、より早く正確に調節できる為、一眼レフ機からミラーレス機に乗り換えるメリットといえるでしょう。

スポンサーリンク

【メリット2】バッテリーがパーセント表示される事

ミラーレス機のメリットであるバッテリー残量がパーセントで表示される機能。一見すると小さな便利機能ですが、その小さな便利機能のおかげで撮影における利便性が上がりました。

今まで一眼レフ機を使っていた頃は、バッテリーの残量は四段階でしか表示されません。その為バッテリーの残量が1/4まで減ると不安からバッテリーを交換していました。

ミラーレス機になってからは、残量が細かくパーセント表示になった為、残り10パーセント前後になるまではバッテリーを交換せずに安心して撮影が行えるようになりました。

【デメリット1】連写時ファインダーの映像が止まる

ショーパレを撮影する上で連写が必要な場面が出てきます。

ミラーレス機の場合、連写をするとファインダー内の映像が一瞬止まり、カクカクしたような映像になります。

これは人によっては致命的なデメリットと言えます。

等の私は正直あまり気になりません。確かにミラーレスに移行したての頃は連写時にファインダーの映像が一瞬止まるのが苦手でした。

正直現在では全く違和感がありません。

【デメリット2】グリップが浅い

ミラーレス一眼に乗り換えた1番のデメリットとして感じているのが、グリップの握り心地の悪さです。

私は以前D750というニコンの入門用フルサイズ一眼レフを使っていました。

その一眼レフはグリップ感がとてもよくお気に入りの握り心地でした。

一方α7ⅲはグリップが浅く握り心地があまり良くない印象です。

現在では慣れてしまいましたが、一眼レフ機と比べるとやはりグリップがよくなく現在でも恋しくなってしまいます。

スポンサーリンク

【デメリット3】バッテリーの持ちはやや悪い

ミラーレスはバッテリーの持ちが悪いと言われています。この指摘はごもっともで、私も少しだけ不満を感じます。

α7ⅲはミラーレス機の中でもバッテリーの持ちは良い方です。それでも現状バッテリーの減りの速さを感じるという事は、他のミラーレス機はよりバッテリーの減りが速いと言えるでしょう。

私は現在、4つのバッテリーを持ち歩いてます。ミラーレスに移行する際は多めにバッテリーを持ち歩いた方がいいかもしれません。

【どちらでもない事1】AFはレフ機と遜色ない印象

α7ⅲはエントリーフルサイズ機とは思えないくらいAF性能が良いです。

確かにレフ機と比べると少し迷うこともありますが、そんなに頻繁に起こるものではなく、AF速度や追従性大差ないという印象です。

注意
AF性能は機種に依存しますので、注意が必要です。

【どちらでもない事】軽量コンパクトの恩恵はない

ミラーレス一眼のメリットといえば軽量コンパクトという点です。

管理人はミラーレス故コンパクトの恩恵は全く感じていません。軽量コンパクトの恩恵を受けていない理由は望遠レンズをつけているからです。

管理人のメインレンズは70-200 F2.8GMや200-600mmGという馬鹿でかいサイズの望遠レンズです。

ディズニーでキャラ撮りをされる方は、望遠レンズを使うことが基本な為、そこまで軽量コンパクトの恩恵はないと思われます。

【まとめ】慌ててミラーレスに移行する必要はない

私は古いマウントで、新しいレンズを買うくらないなら、新マウントでレンズで揃えたいという思惑で、ミラーレスへ移行しましたが、現状ディズニーリゾートで使うカメラをミラーレス機するメリットは少ないと思います。

皆さんがカメラに何を望むのか考えてミラーレスへ移行するといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です