【ミトミ】3000円で写真が化ける!?ミートミッキーで綺麗な写真の撮り方

皆さんこんにちは、管理人のしろくんです。

管理人が一番好きなグリーティング施設はミッキーの家とミートミッキー (以下、ミトミ記載あり)です。

今回は初心者の方向けの記事で、ミートミッキー を綺麗に撮影する道具についてのお話です。

ミートミッキー で綺麗な写真をとってる人の共通点

ミートミッキー を綺麗に撮影している多くの方にはある1つの共通点があります。

それは外付けフラッシュ(以下、ストロボ)を使っていることです。

ストロボとは何ですか?という方が多いと思います。

簡単にいうと。カメラの上の部分につけるフラッシュのことです。

皆さんもミートミッキー で一度は見たことがあるこのようなものです。

ミートミッキーの写真が上手な人はこの道具を使っている人がほとんどです。

スポンサーリンク

どのように使うのか?

ではフラッシュをどのように使うのかという話だと思います。

フラッシュをミッキーに向けてフラッシュを炊くという方法があります。これはミートミッキーのカメラマンの方がやっている方法ですが、私はおすすめできません。おすすめできない理由は以下の通りです。

  • 上手い人はミッキーに向けてフラッシュを炊いていない(日中シンクロなど例外あり)
  • コントラストの強い写真になる
  • 物凄く影ができる
  • ミッキーに強い光があたり迷惑

ぬいぐるみで直当てした例を用意しました。

上記の写真はミッキーに向かって直接光を当てた例ですが、ミッキーの後ろに強い影ができてしまいました。

ちなみに上記の写真は天井バウンスをしました。

ストロボありなしの比較

上記の写真はストロボなしのミートミッキーの写真です。(謝って連写モードになっていた時の写真をRAWで増感しました。)

続いてはストロボありのミートミッキーの写真です。

上記の写真はストロボあるの写真です。明るさが全く違います。

最後に写真を2つ並べてみました。こうしてみると大きな差だと思います。

おすすめストロボ

最後にオススメのストロボについての紹介です。Dヲタの皆さんはTT560を買っていますが、個人的にはTT560より、NW561をオススメしています。

詳しくは下記記事に記載しております。

ディズニー用のオススメストロボは、TT560ではなく、NW561 スポンサーリンク

【まとめ】屋内グリ施設にストロボは必須

まとめとしては屋内グリーティング施設にストロボは必須です。約3000円と学生さんでも手が届きやすい価格から入手できます。

明るいレンズを買うより費用対効果はあると個人的に思うのでオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です